寝ゲロ部屋

うんこ垂れ蔵の寝ゲロ部屋

客先常駐(常駐とは言っていない)

往復4時間弱の電車。

拘束時間が16時間を超える毎日。

 

客先から20~22時台で退勤後、

電車でスマホ片手に勤怠が付かない自社の細かい雑務をこなす。

 

帰宅は23時から0時で、そこから明日の準備をするとあっという間に1時。

朝起きる時間は6時。6時半だと遅刻ペースなのでドタバタになる。

 

土日はここ最近は37度台の心因性発熱で体調はクソが付くほど悪い。

12時間寝てる日もある。

 

36協定の限度時間は形だけで、実際には余裕で超える業務量がある。

納品の期日は簡単には変えられないため、

見積もりを誤っていた分の負担は全て現場に降りかかる。

 

休みはアニマスとデレアニをとっかえひっかえ隔週で交互に見ながら、

自分自身のやり方、会社という組織としてのやり方、

どちらにも大きく頷いて、失敗から成長していくアイドルを見て感動するも、

現実は馬鹿正直に突っ走った挙句

心を壊して退場していく人も少なくないから

アニメは所詮綺麗事だな、と

冷たい目で見ている自分が居ることに社畜度の高まりを感じずにはいられない。

 

拘束時間を含めると余裕で3桁のかろーしラインを2ヵ月。

しょーじき疲れてきた。

 

引っ越せばいい?

働く場所がある程度定まっているならば大正解。

客先常駐SEは客先と自社の契約が切れると次の現場に飛ばされる業務形態。

それが来月かもしれないし、5年後かも分からない。

引っ越した2月後に真逆の方向の客先で退職者が出たため向かわされることもしばしば。

 

若いうちは体力でカバーできるけれど、

40になった時に同じことが出来るとは思っていない。