読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ゲロ部屋

うんこ垂れ蔵の寝ゲロ部屋

ガンスリンガーストラトス リローデッド(ガンストR) 渋谷ステージ 解説

<正式サービス後>

以前から懸念されていた処理の重さが、正式サービス後は酷くなった。

他のネトゲ(TERAとかPSO2)で中設定で遊べるミドルスペックのPCは最低設定の

よく分からんトレーニング人形でしかまともに対人プレイできない状態になった。

基本無料ゲーなのにミドルスペックのPCですらキャラを表示できないとは儲ける気が

全く感じられないなぁ・・・

 

150戦を超えて、勝ち負けパターンが少し分かってきたので記事にしてみる。

前回の記事ではかなり雑なキャラ紹介をしたけれども、実際には異なっていた部分が結構あるので正式サービスに入って調整が入ってから書き直そうと思う。

 

渋谷ステージ

f:id:Haru10nari:20150827153558p:plain

配色の説明

 緑  :意識すると動きが変わる重要な区間。

     相手と味方の砂の大雑把な位置確認や、戦線の前後がはっきりと分かる。

:それぞれの戦線ライン。①が前に出ている時、②はやや後退気味のとき。

   押し込まれているとき・押し込んでいるときはコア付近で戦うことになる。

 紫  :主な激戦区。ここでの戦闘がそのままキルデスやコア削りの量に繋がる。

黄矢印:フィニッシュ格闘の最短距離であり、死角になりやすいビル上。

    防衛側が一番気を付けるべき経路。ニンジャが来てしまったら厳しい。

 

以下番号毎の大雑把な個人的解釈

緑①:ここを抑えるのが一番の目的。ここを抑えれば不意なコア凸は防げる。

   (またはコアまで相手を削っておける。)

:主戦線によって大まかに自軍側の3つのポジションに変えていく。

  攻められていれば後退して紫のロングを見つつ、

  核がいれば叩き落として完封する。攻めているときは相手砂ポジを奪うこと。

:それぞれの陣営でのレミーの反物質ロケランの定番発射位置。1000程度コアを

  削られるので、ここに行かせないようにマークするのが基本。

  ニンジャで張り付きや、しづねのロケラン直撃、砂、徹のAR、なんでもいいので

  発射エフェクトを見たら即ダウンを狙って半分削れば相手は基本的に下がる。

紫①緑①を抑えるために一番激戦区となりやすい。角が2つあり両者隠れられるが、

   赤側の文字がかかっているところのビル上を取りやすいためやや赤有利

紫②:十字路になっているが、実際は緑①側を使ってのT字路地形として使われる。

   青の方がリスポーンが近いので基本的には青有利

紫③赤側のコア凸の基本ルート。青側は青②のラインのうちに

   相手を少しでも削っておきたい。青側ビル上を取られると復帰時の奇襲が

   できなくなる。

紫④青側のコア凸ルート。青は少しだけ引けば隠れられるので赤は赤②より前で

   気付いて削っていく必要がある。

 

次はそれぞれの戦線の説明

青側ライン

緑①開始後すぐは青側が取れる。はなるべくここを維持したい。

   (開幕で取れるのだけれども、左半分だけを取って満足してしまい、

    右からコア凸を許している場合がEランク下位帯では非常に多い。

青①緑①を確保し、赤②の敵を排除すると取れる鉄壁ポジション。高所からの爆発物

   やプラズマは相手を少しずつ確実に削っていく。右側から複数人のコア凸を

   抜かれ、コアまで全く削れないと負けるので油断しないように相手の動向に注意

青②緑①を確保された場合に維持しておきたいポジション。これより下がるとビル上

   からの敵もコア凸からも攻撃を受け、フルボッコでジリ貧になっていく。

赤側ライン

緑①:開幕は青側に取られるため、コア凸や赤②の横にあるビル上の細い道を利用して

   崩していく。相手に砂がいなければ開幕ロングを確保してタゲを分散してもいい

   が、コア凸に対応できなくなる。青①を陣取りつつ、ラインを上げていくのが

   基本。

赤①緑①を確保するとおまけで付いてくるポジション。攻撃側はこの位置を確保して

   コア凸を狙うと効果的。防衛寄りの人は緑①で見つつ、ロングから抜かれない

   ように気を付ける。

赤②赤陣営の基本ポジション。段差を利用して好きなタイミングで攻撃を仕掛ける

   ことができる。渋谷警察署(一番高い建物)はタゲを集めやすいので、中に入って

   安心しないこと。赤側は壊しておいた方が少し有利になるはず。

 

本スレでコア凸がクソだとか、砂に当たりやすくてクソって発言が多数見受けられるけれども、ACVのヘリ凸構成だとか、ACVDの役割分担と地形利用を思い出すと、(なぜか重い・pingで勝手に落とされるを除けば)何回落ちても逆転できる可能性が十分にあるから、まともなゲームと思う。砂の射線には遮蔽物を利用して通らないのが基本だと思うし、着地するときに遮蔽物の無いところに落ちて硬直当てを卑怯いうのは工夫が足りないかな。

あまり時間が取れていないのでまだE2ランクだけれども、4vs4のラインの意識というのはACVDとは全く変わらないはず。

 

自分のメイン使用キャラは鏡華。

前線で戦っている上手い人(重要)に回復を配りつつ、コア凸をビリビリでカットして、HP1になったら回復量がかなり減るから前線でタゲ集めて死んで(コスト350と味方のコスト600台3回分フル回復ならかなり軽い)即復帰してコスト勝ちできるようにしている。

 

重いこと以外はoβだった現時点では良いゲーム。

これからの課金形態と、プレイ人口とその質次第かなと思いました。